春の七草が売り切れ?!代用できる野菜はコレ!七草の離乳食の注意点とは?

さて七草粥のお話第3弾よ。

今回は七草粥のレシピ・あとは赤ちゃんに離乳食で食べさせる際の注意点、七草を購入するときに気をつけることなどをまとめて見たわ。

f:id:zxcvnmmnbvcxz:20200102101450j:plain

七草粥 レシピ・アレンジ・付け合わせ

結局みんなが一番気になるのって「七草粥のレシピ」についてよね。

インターネットで検索すればクックパッドで一生分の七草粥レシピが出てくるから、それを参考にしていただくといいと思う。

クックパッドとその他のレシピを見た中で特に気になったものがいくつかあったからご紹介だけするわね。

鶏ガラスープを使った中華風七草粥
ちょこっとお餅を入れた七草粥
桜花漬(桜の花の塩漬け)を使った七草粥

 

七草を使った他の料理

 かぶの葉と茎の塩茹で 
   柚子の皮と細切塩昆布を添えて
 七草粥風ハーブリゾット 
 七草味噌汁
 七草卵焼き
 七草とろみ蕎麦

個人的に美味しそうだなと思ったのは桜花漬で作った七草粥ね。一足早い春を感じられて美味しそうよ。七草粥風ハーブリゾットも興味本位で食べてみたいわ。

 

七草粥 離乳食での注意点

 

赤ちゃんの離乳食として七草粥を食べさせる場合には、お粥は10倍がゆをすりつぶしたものがいいみたい。

七草は基本的には普通の野菜と同じ扱いで大丈夫みたいだけど、いくつか気をつけておいたほうがいいこともあるみたい。

離乳食で七草粥を作る時の注意
 1 特に離乳食初期の場合には、

  初めて食べる食材は1日1種類が良い。

       七草を全種類使わずに、今まで食べたことが

  ある葉物野菜+七草を1種類と工夫して良い

 

 2 七草の中でキク科のものがいくつかある

 (ゴギョウホトケノザ

      キク科の植物はアレルギーの原因になる

   ことも多く、植物由来のアレルギーの

     原因物質は加熱にも強いものがあるので、

     アレルギーの原因になる可能性がある。

本来アクが強いものもあるから下茹でした後アク抜きをしっかりしてからすりつぶしてあげると食べやすくなっていいと思うわ。

離乳食レシピもたくさんバリエーションがあるからネットで調べて実践するといいわ。卵を入れたりお粥を牛乳で煮たり出汁を加えたりしらすを入れたり。アレンジはいっぱい。

七草粥は、赤ちゃんと一緒に楽しく日本の伝統行事に触れることができる良い機会だと思う。1月7日の朝食は家族揃って七草粥を食べるって素敵だと思うわ。

 

七草粥 七草セットが売り切れ?!

昔は自分たちで若菜摘みをして揃えていたのが、最近のスーパーでは、七草はセットになって売ってるから楽でいいわね。でも、ここで気を抜くと後々後悔することになるわよ?

それは「買いに行くタイミング」よ。出来る事なら前々日の5日には買っておいた方がいいわ。

まず第一にね、確かに大抵どこのスーパーでも七草セットは売り出されているけど、それをあなたと同じように狙っている人たちは大勢いるわ。7日が近づくにつれて競争率は激しさを増してくるの。

第二に、七草粥は本来6日の夜に作るものなの。そして食べるのは7日の朝食。なので6日の夕方はもっとも競争率が高くなるの。買いに行ったときには既に手遅れ、運悪く売り切れなんてことも珍しくないそうよ。そのタイミングで他のスーパーに行ってもあるかどうか・・・当日はもうリカバーできない。

 

七草セットが売り切れたときの代用野菜とは?

七草が揃えられない!という時、七草に代わりに使えるオススメの野菜があるわ。

七草がないときに代用する野菜

 ・ススシロ →  大根

 ・スズナ  →  かぶ

 ・セリ   →  ミツバ

スズナスズシロは見た目の通りそのまんまね。ミツバは「セリ科」なのでほぼ同類といっても差し支えないわ。他にもにんじんを入れたり、葉物野菜を入れてもいいわ。

まぁ、結局は「1年の健康を祈ることが大切なんだ」と言い聞かせられれば何でもオッケーってことよ。

 

まとめ

七草粥 レシピ・アレンジ・付け合わせ

調理法・レシピは多数クックパッドにあり。お粥以外のアレンジレシピも要チェック。

七草粥 離乳食での注意点

おかゆは10倍がゆをすりつぶしたものがベター

・七草は1種類+葉物野菜

・キク科はアレルギーの原因になる可能性がある

・アク抜きはしっかり行う

七草粥 七草セットが売り切れ?!

七草セットは直前は売り切れる可能性がある。5日の夜には前以て買っておくと良い。

七草セットが売り切れたときの代用野菜とは?

大根・かぶ・三つ葉・にんじんは代用野菜に最適。

 

七草粥関連記事 

www.kainekoblog.com

www.kainekoblog.com