毎日手軽に玉ねぎを食べたい!そんな時は冷凍玉ねぎキューブがおすすめ

f:id:zxcvnmmnbvcxz:20191226222908j:plain

最近健康について調べる機会が多くなった。只今35歳。

ほとんど健康について考えてこないままこの年を迎えてしまった。

あと数十年たったある日。わたしは爺さんになってどう生きているだろう。

病気や慢性疾患で後悔したくない・・・。

 

 「手軽に健康になるには」を探した結果

まず、野菜をとって健康になろうと思い立ち、いろいろとネットで調べてみることにした。

ポイントは何といっても「手軽さ」なのだ。

ずぼらな性格の持ち主でも、安心して始められるなにかを探した。

そこで発見したのが「たまねぎキューブ」である。

玉ねぎに熱を通したものをミキサーにかけ冷凍しキューブ状にし手軽に使用するというもの。玉ねぎはどのスーパーでも手に入る馴染みの野菜である。

 

玉ねぎの健康効果

たまねぎの健康効果は大雑把に言ってもこれだけある。

 ・血液サラサラ効果

  高血圧や動脈硬化に効果がある他、

  血糖値の上昇を抑制する効果もあり、

  糖尿病予防にも◎

 ・抗酸菌作用

  美容効果がある。活性酸素を除く効果で老化防止や免疫力向上に◎

  ・むくみ改善

動脈硬化脳卒中心筋梗塞の予防

「硫化アリル」という成分が血液をサラサラにする。

そのことで「動脈硬化」「脳卒中」「心筋梗塞」などの生活習慣病を予防する。

糖尿病予防

また血中の不要な糖分、脂質を減らす働きがあり、糖尿病予防に効果が期待できる。

冷え性改善

血行促進の作用もある為、冷え性の改善にも効果がある。

抗酸化作用

「抗酸化作用」とは、その名の通り、「酸化」に「抗(あらが)う」こと。活性酸素を抑制する働きのことだ。

「ケルセチン」には高い抗酸化力があり、活性酸素を減少させる働きがある。

また、油との相性が良く、一緒に摂取することで吸収率がアップするという特徴がある。

「ケルセチン」という成分は、ポリフェノールの一種で、紫外線から肌を守ってくすみのない肌に改善が期待できる。

デトックス効果

玉ねぎに含まれる「カリウム」には、余分な水分を排出し、むくみを改善する効果がある。

玉ねぎキューブの作り方

私の作り方はいたってシンプルである。

複雑なものは続かないので。

材料:たまねぎ(2-3個)

   たまねぎの皮のスープ

     水(500ML)

     皮(2-3個分)

 

1.玉ねぎを切って、レンジでチンする。

   (600ワットで3分程度)

2.玉ねぎの皮スープを作る。

   むいた皮をきれいに洗ってから

   水500MLで煮る。

   目安としては10分程度。

3.家庭用の簡易ミキサーで細かくする。

  この際に先程作った「たまねぎの皮スープ」と一緒にミキサーにかける。(多少粗めにすると「たまねぎ感」が残って、それはそれで美味い。)

4・ある程度冷ましたら製氷皿に入れて冷凍する。

まとめ

スープ飲みたいと思い立ったとき、マグカップにこのキューブ入れ、だしの素(コンソメや香味ペーストも美味い)を入れ、お湯を入れてレンジで1分程度チンするだけで、すぐにスープが作れる。最近はお昼のお弁当のスープとして耐熱容器にキューブを入れ職場に持って行っている。職場ではお湯を入れるだけである。他にも様々な料理に加えるだけで一味になり、汎用性も高い。今はとても重宝している。

 他にも「おくら」や「にんじん」や「モロヘイヤ」なども同じようにキューブ状にして活用することが出来る。これらも、ずぼらな方へは是非おすすめできるものである。